法人・施設概要

理事長ごあいさつ

    社会福祉法人新生会は、腎不全による内部障害者の社会復帰を目的として昭和50年に設立されました。
 以後さまざまな取り組みを行いながら発展し、現在は「あしたの丘」を中心に地域の障害者福祉の中核として積極的に活動しています。

 現在、日本の社会保障制度は大きな変革時期を迎えています。                                                     福祉の世界も例外でなく、2013年には、障害者福祉政策の大改革である「障害者総合支援法」が施行されました。
                              この法律では、難病や対象疾病が拡大され、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援できるよ 
          う、さらなる福祉サービスの充実が求められるようになってきました。
                    当法人は、今後も、地域社会における共助、共生の実現に向けて努力してまいります。

法人沿革

昭和50年8月11日
社会福祉法人新生会認可
理事長 太田和宏就任
社会福祉法人新生会附属医動態研究所設置
昭和51年12月1日
内部障害者更生施設「新生学舎」(定員50名)開設
昭和52年1月1日
社会福祉法人新生会附属診療所開設
昭和56年11月1日
「新生学舎」通所事業(定員7名)開始
昭和57年4月1日
「新生学舎」入所定員50名から30名に変更
昭和58年9月1日
「新生学舎」通所定員7名から10名に変更
昭和62年4月29日
「新生学舎」天皇陛下より社会福祉事業を奨励する御下賜金(金一封)の拝受
平成7年3月31日
「新生学舎」閉鎖
平成7年4月1日
法人事務所「名古屋市天白区八幡山町746番地の1」へ変更
身体障害者療護施設「あしたの丘」(定員60名)開設
身体障害者デイサービス事業「デイサービスあしたの丘」開設
身体障害者短期入所(定員6名)事業開始
「社会福祉法人新生会附属診療所」を「あしたの丘」2階へ移設
平成12年4月1日
「あしたの丘」障害者生活苦情相談窓口として「福祉なんでも相談事業」開設
平成13年4月1日
(現理事長)太田圭洋理事長就任
平成15年4月1日
「あしたの丘」にて通所事業(定員4名)開始
平成18年9月30日
法制度改革のため身障デイサービス事業「デイサービスあしたの丘」、身体障害者短期入所事業廃止
平成18年10月1日
「あしたの丘」にて障害者自立支援法に基づく「生活介護事業」並びに「短期入所事業」開始
平成21年12月1日
「あしたの丘」が全面的に障害者自立支援法の事業へ移行

新事業
施設入所支援(定員60名)
生活介護(定員80名)
 ・グループA(定員60名)
 ・グループB(定員20名)
短期入所 (定員6名)

廃止
身体障害者療護施設(通所4名)
平成24年5月1日
特定相談支援、障害児相談支援 指定

車両寄贈記録 (リフト付又は車椅子使用車両)

  • JA中央馬主協会(中京馬主協会)トヨタコースター 平成8年3月(平成15年3月廃棄)
  • 中日新聞社会事業団 スバル ミニハンディキャブ 平成6年11月(平成14年1月廃棄)
  • 財団法人日本船舶振興会 日野レインボー 平成7年4月(平成18年3月廃棄)
  • 日本財団助成 トヨタハイエース 平成16年3月
  • 日本馬主協会(中京馬主協会)トヨタコースター 平成15年3月
  • 中日新聞社 中日新聞社会事業団 スバルサンバー 平成17年8月5日
  • 社団法人 日本損害保険協会トヨタハイエース 平成17年12月15日
  • 24時間テレビチャリティー委員会 中京テレビ放送株式会社 トヨタハイエース 平成18年2月15日
  • 日本財団助成 ダイハツ ハイゼット 平成22年3月23日
  • 共同募金会 ダイハツ ハイゼット 平成25年2月18日

HOSPYあいことば

HOSPYは、健康文化を創造します。

  • ホスピーは、常に夢を持ち挑戦を続けます。
  • ホスピーは、奉仕し、人々に心の平和[やすらぎ]を与えます。
  • ホスピーは、行動し自ら変革をします。
  • ホスピーは、自己を知る魅力あるプロフェッショナルです。
  • ホスピーは、論理と品位を大切にします。

あしたの丘 「建設理念」

  1. 重度で在宅生活が困難な障害者の施設建設。
    1. 地域社会に溶け込んだ生活施設。
    2. 管理主体の入所対応ではなく、障害者が安心して暮らせる生活施設。
    3. デイサービス事業やショートステイ事業を併設する。
  2. 血液透析者が入れる施設の建設
    1. 医学的に安定している内部障害者(特に血液透析・腎臓機能障害者)の生活施設
    2. 施設内に透析治療のできる診療所の設置
  3. 障害支援施設あしたの丘は、訓練の場でなく、生活の場
    1. 一人ひとりが自主的・主体的に、明るく、楽しく、あしたにつながる生活施設。
    2. 丘に建つ、あたたかみと心のふれあうやさしい空間。

あしたの丘 「運営理念」

障害者支援施設あしたの丘は、次の理念をもって運営する。

  1. 「あしたの丘」は、家庭生活を基本にした心のふれあいのある施設とする。
  2. 「あしたの丘」は、障害のあるなし、重い軽いにかかわらず、人としての権利、義務、責任と存在をお互い尊重し、認め合い助けあい共に生きる場とする。
  3. 「あしたの丘」の生活者は、自立する心を養い生活目標をかかげ自己現実をめざす。
  4. 「あしたの丘」のスタッフは家族であり、協力者であり、援助者である。
  5. 「あしたの丘」は、自分も楽しく、他人も楽しく過ごす場である。
  6. 「あしたの丘」は地域に開かれた福祉の拠点をめざす。

施設概要

事業者
社会福祉法人 新生会
代表者
理事長 太田圭洋
施設名
あしたの丘
施設長
三枝 澄夫
事業場所
〒468-0074 名古屋市天白区八幡山746番地の1
電話・FAX
Tel 052-836-6001 / FAX 052-836-1756
E-mail
info@ashitanooka.jp
利用定員
施設入所支援 60名
生活介護事業 80名
 グループA 60名 / グループB 20名 短期入所 6名
新事業体系移行日
平成21年12月1日

障害者支援施設 あしたの丘について

施設職員

生活支援員30名、サービス管理責任者2名、看護師4名、理学療法士1名、管理栄養士1名、調理員(業務委託)、事務員2名 その他職員 若干名、管理者1名

施設の規模

敷地面積 2298.51㎡、建物延べ面積 3183.82㎡、建築面積 924.83㎡

館内ご案内

6階
居室

入所されている利用者の部屋があります。

5階
居室

入所されている利用者の部屋があります。

4階
リハビリ室
洗濯室

常勤の理学療法士(PT)が生活リハビリを行っています。

3階
食堂
浴室

浴槽は4種類あり、一人ひとりの障害状況に適した入浴ができます。

2階
透析室

医務室と血液透析治療ができる診療所があります。

1階
事務所

玄関・エントランスです。

事業報告

法人事業報告・財務情報報告等
経営協(全国社会福祉法人経営者協議会)の公開ページへ移動します

ホスピーグループのご紹介

グループの紹介

名古屋記念病院新生会第一病院東海クリニック金山クリニック鳴海クリニック東海知多クリニック平針記念クリニック十全クリニック新生楽舎

  

アクセス

詳細はこちら

利用定員

施設入所支援
60名
生活介護事業
80名
グループA 60名 / グループB 20名
短期入所
6名
詳細はこちら
福祉なんでも相談 ボランティア募集